うつ病のカウンセリング、うつ専門の心理療法、認知行動療法、催眠療法、大阪、東京、うつ克服、うつ治療

うつ病の治し方は人それぞれ

うつ病の治し方は人それぞれ



うつ病は1つの症状ですが、その原因は人によって様々です。

例えば、

  • 会社のハードワークによって自律神経のバランスを壊し、そこに恐怖感が植え付けられてしまったケース。
  • 過去のいじめや挫折体験から、心に深い傷があるケース
  • 死別や失恋によって、喪失感が切っ掛けになるケース
  • 仕事や未来に希望を見いだせなくなったケース。
  • 愛されていないという感覚が慢性化して、エネルギーを落としてしまうケース。
  • 家に籠もることで、体の代謝や生活リズムの狂いから、セロトニンの分泌量が減っているケース。
  • 家族は夫婦の関係の行き違いからくるケース。

などなど、挙げていけばキリがありません。

また、うつの原因が1つであることは希です。

ほとんどの場合、挫折体験や自己嫌悪や希望の喪失など、多くの要素が複雑に絡み合ってできています。

人それぞれに、その組み合わさり方や、そのとらえ方が違うのです。

100人のうつ病患者がいれば、100種類のうつ病があると言ってもいいかもしれません。

ですので、うつの症状は同じでも、改善に向かう道はクライアント様の歴史によって全く違います。

取り扱うセラピーの種類も、順番も、取り組んでもらう課題も、まったく違うものなのです。

過労うつの改善例



例えば、職場のストレスから来ている場合は、

① 催眠による深いリラクセーションと栄養因子によって脳のダメージの回復を見る。

②感情解放ワークによって、溜め込んだ自分の思いや怖れを癒す。

③イメージワークにより、会社に対する身体の反応を変えていく。

④行動療法によって、実際に職場で変えるべき行動が無いかをチェックして、カウンセラーと一緒に行動課題を決める。

⑤認知療法によって、ネガティブに偏っている思考パターンを変更する。

となります。

でも、失恋からうつになった方では、まったく違うセラピーが必要になります。

その人に合った改善プログラム



カウンセリングというと、話を聞くだけだというイメージがありますが、MSL心理相談室では、20種類以上の心理療法を組み合わせて、

その人に合ったプログラムを作り、それに沿って進めていきます。

[check]カウンセリングの詳細はこちら


[check] まずは自宅で1人で回復したい!「うつ回復自宅CDプログラムはこちら

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional