うつ病のカウンセリング、うつ専門の心理療法、認知行動療法、催眠療法、大阪、東京、うつ克服、うつ治療

ボディーワーク

ボディーワーク

うつになる方の多くは、特に過労からくるうつの場合は、首の後ろや肩のコリなど、筋肉が固まってしまっている場合が多いものです。

カウンセリングで対話することでも心の状態はわかりますが、身体の反応を見ると、より偽りなく心(潜在意識)の状態がわかります。

まずは、実験してみましょう。

胸の前で、右手で左手を持ち上げてください。

左手は完全に脱力して、それを右手が支えてる状態です。

左手を脱力させる事が大切です。左腕に対して「完全に脱力していいよ~。ゆるめてもいいよ~。」と言ってあげても良いでしょう。

そして、ここからです。

右手を一気にパッと離します。

すると、

(1)左手は、ボトっと物が落ちるように落ちる。

(2)左手は、不自然に力みながら下がっていく。

さて、みなさんはどちらでしょうか?

ボトっと落ちた(1)の場合は、身体の力が正しく抜けています。つまり潜在意識はリラックスして休息ができています。

問題は(2)の場合です。人によっては全く手が落ちない場合もあります。

この場合は、潜在意識は緊張状態で、いくら休息をとっても、実際には身体も心も休まっていません。

このように身体にまで症状が出てしまうと、心理療法で心から改善しようとか考え方を変えようと思っても、なかなか変化が生まれません。

逆に身体に直接働きかけるようなアプローチで、筋肉が脱力できるようになると心や思考もゆるみます。

心身一如と言うように、心と身体はイコールなのですね。

心からのアプローチが難しければ、身体からアプローチしてきましょう。

MSL心理相談室では、フェルデンクライス・メソッドやポラリティーなど、身体の筋肉をゆるめるためのボディーワークをご用意しています。

まずは固まっている身体を効率的にほぐし、そこから心に働きかけて行きましょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional