うつ病のカウンセリング、うつ専門の心理療法、認知行動療法、催眠療法、大阪、東京、うつ克服、うつ治療

認知行動療法でうつを終わらせる

認知行動療法でうつを終わらせる

最近は、世の中全体の仕事というものが高度になってきているのか、職場でのストレスによるうつの方が、よく来られます。

[check]仕事が多すぎて時間内に片づかない。

[check]クレーム処理に疲れてしまった。

[check]上司に罵倒されすぎて、身体が震えだした。

などが主な訴えです。

こうして見るとよくわかるのですが、私たちのような心理の専門家が扱うように、

  • うつ=心の問題
  • うつ=考え方の問題
  • うつ=感情や気分の問題

というだけではなく、

実際にうつに悩まれている方は、現実的な問題を持っているものです。

この場合だと。

◆仕事が多すぎる職場環境

◆クレームに対応し続ける環境

◆罵倒する上司

などが、それですね。

だから、いくら感情を開放して癒しても、

前向きな心を作っても、

やはり職場に戻ると、問題はそのまま残っているのです。

潜在意識下では、それを知っているので、心が癒されても、なかなか身体が動いてくれず、職場復帰できないままだったりします。

心は元気なのに、職場のことを考えると恐くなる状態です。

このいうケースでは、心を癒したり、ストレスを抜くだけではなく、実際の問題にどう対処するのか? 

ということが、とても重要です。

カウンセラーとクライアントが、一緒に問題を見極めて、それに対処する方法を出し合う。

まるで会議でブレーンストーミングするみたいに、アイデアを出し合って、その中で無理なくできそうなことを、やってみる。

それで改善するかどうかが重要なのではなく、

いろんな方法があるということ。

そして、カウンセラーと一緒に、方法を変えると、何かしらの変化が起こるというのを確認していくのがポイントです。

できない=自分が悪い。

と一人で落ち込むのではなく、その現実を創ってるシステムを見極めて、小さな変化を起こして行く

カウンセラーとクライアントのお互いが、システムを変えるための共同創造をする。

そういった行動療法的なアプローチが、かなり効果を発揮します。

特に、まだなんとか仕事は続けているが、病院ではうつだと診断されている方は、こういう方法が役立ちます。

単にリラクゼーションだけで、現実がそのままだとやはり限界があるからです。

行動療法=行動を小さく変えて今のパターンを崩す。

認知療法=心や思考パターンを変える。

そして、この両方を扱うのが認知行動療法です。

今では、薬物療法+認知行動療法(CBT)が、うつ治療の主流になりつつあります。

[check] うつ専用カウンセリングの詳細はこちら

[check] まずは自宅で1人で回復したい!「うつ回復自宅CDプログラムはこちら

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional