うつ病のカウンセリング、うつ専門の心理療法、認知行動療法、催眠療法、大阪、東京、うつ克服、うつ治療

頭で分かっても、出来ないから困っている

頭で分かっても、出来ないから困っている

ここ最近はメディアでうつ病に対する特集も増え、そこで認知行動療法が取り上げられることが多くなりました。

その影響か、クライアントさんの中にも

「認知行動療法をお願いしたいんですけど。」

と、療法を指名して来られる方も増えています。

私自身も、認知行動療法は肌に合うというか、とても進めやすい療法ですので、できればこの療法を使っていきたいと思っています。

でも、やはり認知行動療法にも合う人と合わない人がいらっしゃいます。

自分の考え方の癖を見て、修正を行うことで、考え方が柔軟になり「ああ、そう考えればいいのか~。」と納得されて、みるみる改善していく方がいらっしゃる一方で、

「そう考えたらいいことは、頭では分かってるけど、できないから困ってるんだ!」とおっしゃる人もいらっしゃいます。

そういう方は、思考パターンの修正(認知再構成法といいます。)を行うことで、その時は納得されても、同じ場面に出くわすと、いつも通りのネガティブな考えを起こしてしまって、

結果、「こんなにワークやったのに、やっぱり変わらないんだ。」と、落ち込んでしまわれます。

こういったタイプの方には、

思考パターンの修正(認知再構成法)をするよりも、催眠状態に導いて、無意識に変化を加えて行く方が上手く行きます。

そして、その方が変化が根本的になります。

例えば、対人恐怖の症状が出ている人に、「人は私の敵ではない。」といくら納得しても、なかなか恐怖症の反応は変わりませんが、

催眠状態で、人混みの中で安心感を感じている状態を体験させてあげると、無意識が新しい反応パターンを学び、それ以後の反応が変わってきます。

多くの問題は、意識ではなく無意識の中にあるのですね。

頭で分かっているけど、それが出来ないから困っているのです。

無意識からの変化という意味では、やはり催眠療法は非常に有効だと、最近のクライアントさんの変化を見て思います。

また、NLPなどの様々な心理療法も、催眠状態で行うことで、効果をより大きくすることができることが分かってきました。

というわけで、最近の私のセッションは催眠を使うことが多くなっています。

頭で分かっているけど、それが出来ないから困っている!という方は、催眠の可能性を体験してみてください。

[check] うつ専用カウンセリングの詳細はこちら

[check] まずは自宅で1人で回復したい!「うつ回復自宅CDプログラムはこちら

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional